So-net無料ブログ作成

日本セメント香春工場 [工場や施設など]

福岡から筑豊方面へ向かう途中、国道201号線沿いの右側には”日本セメント香春工場”、左側には、香春岳を見ることがでます。
ここ国道201号線を走っている方なら、見慣れた光景ですが、この”日本セメント香春工場”が今年の2月から、一部解体が始まったと聞いた。ネット上では、その噂が流れており、記録として写真を収めに来る方もいるそうです。私のその中の一人ですね。
福岡県の筑豊といえば炭鉱で栄えた町として有名ですが、現在、ほとんどの炭鉱は閉山されていますね。
それと大規模な石灰石鉱山とセメント工場もいくつかありますね。
日本セメント香春工場は、1935年に浅野セメント香春工場として操業し、1998年に秩父小野田と合併して太平洋セメントとなり、2000年に、香春工場は生産構造最適化のため、本体から切り離され、2004年3月に会社解散された。晩年の生産量は年産80万トンだったそうです。
工場の向かい側に見える香春岳は、石灰石の採掘で上半分が平らになった一ノ岳の姿は、炭鉱と並んで筑豊を代表する景観ですね。

無題.jpg
ネット上で勝手にお借りした写真です。
私も、バックに香春岳(一ノ岳)と工場に日田彦山線を入れて
撮りたくて訪れましたが、上の写真の場所は、
雑草がボウボウに生えてて、半ズボンと草履では、
行く勇気がなく諦めました。
 
唯一、日田彦山線を入れて撮れる場所を見つけました。
2011_08300294.jpg
ここからだと、ちょっと、香春岳(一ノ岳)が切れてしまいます。
まだ、電車が通る時間があったので、この辺りから工場を
2011_08300299.jpg
緑の稲作がきれいだったので、工場と香春岳を入れて。
2011_08300297.jpg
工場をアップで・・・。
2011_08300300.jpg
さらにアップに。
2011_08300301.jpg
香春岳(一ノ岳)もアップで。
香春岳には、二ノ岳、三ノ岳もあります。
2011_08300310.jpg
石灰石の採掘で、上半部が平らになった香春岳。
香春岳は、小説「青春の門」舞台となったことでも有名ですね。
 
そんなことを思いながら撮っていると、
後ろで、踏切の音が”カンカンカンカン”と聞こえた時には遅く、
急いで戻りましたが、踏切が閉まり、渡ることができなく(;>_<;)ビェェン。
2011_08300302.jpg
こんな場所から撮ることに(^。^;)フウ。
2011_08300305.jpg
一応、愛車も入れて見ました。空には、鳥が飛んでました。
今度は、失敗したくなく、ここで、待つことに、
2011_08300313.jpg
待っている間、古い橋があったので、工場を入れて見ました。
この橋の名前を見ておくのを忘れてしまいました。
2011_08300315.jpg
今度は、よかったのですが、ここからだと、
工場の下半分が切れてしまいます。
2011_08300316.jpg
コンデジだったので、連写が3枚。
保存にも時間がかかって、上手く撮れたのが2枚だけでした。
 
もう一度、香春岳(一ノ岳)と工場に日田彦山線が入る、
丘のような場所へ行ってみようと・・・。
2011_08300318.jpg
この周辺をウロウロと、撮影場所を探しながら
2011_08300319.jpg
緑の稲作とのコラボがよかったのでヽ(^o^)丿。
2011_08300320.jpg
工場をアップに、
2011_08300323.jpg
香春岳も。
この辺は、道路が狭く、入り込んでいるので、
運転がし辛く、中々、車を置ける場所が無い。
2011_08300325.jpg
工場の側へ来てみました。
2011_08300328.jpg
ここからだと、電線が邪魔でした。
2011_08300329.jpg
どうしても電線が入ります。
2011_08300331.jpg
↑電線を入れないようにすると↓ 
2011_08300336.jpg
来るのが遅かったので、そろそろ暗くなってきたし、
帰路を急ぐ、車も多くなってきました。
2011_08300335.jpg
もっと、撮影できる場所があるのでしょうが、
中々、見つけることができなかった。
 
 
 

トラックバック(0) 

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。